【JAZZ】和ジャズLP再発:日野皓正「Hi-Nology」/原信夫&山本邦山「日本のニュー・ジャズ」

  • PORTAL
  • ニュース

2024.07.10

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン JAZZ


日本のジャズ界に衝撃を与えた日野皓正クインテットによるヒット作が再発!

1969年にリリースされた『Hi-Nology』は日野皓正の弟、日野元彦がドラム、鈴木宏昌がエレクトリック・ピアノ、稲葉国光がエレクトリック・ベース、村岡建がテナー・サックスを担当したオリジナル・クインテットによる名演。エレクトリック・マイルスの影響を感じさせる今作。ファンキー・グルーブな"Like Miles"、ハードでモーダルな"Hi-Nology"など4曲を収録豪華ゲートフォールド仕様。




日本を代表するビッグ・バンド、原信夫とシャープス&フラッツが、人間国宝・尺八奏者、山本邦山とタッグを組んだ日本の古謡や民謡をジャズ・アレンジした話題作が再発!  前田憲男による変幻自在のビッグ・バンド・ジャズ・アレンジが尺八の新境地を開いた名盤です。

ニューポート・ジャズ・フェスティバルで見事な成功を収めた原信夫と山本邦山が、再びタッグを組み初めてのスタジオ録音となる『日本のニュー・ジャズ』を翌年の1968年に録音。1971年以降初めての再発となる今作は、「田原坂」、「さくらさくら」、「ドンパン節」など、全編見事なアレンジで聴かせます。豪華ゲートフォールド仕様。